特定調停手続きとは1

最近は不景気のせいか、借金や負債にまつわる話をよく耳にします。具体例を挙げれば、クレジットカードで自分の支払い能力を超えて買い物をしてしまうケース、或いは負債を整理するためにさらに借金をしてしまい、それを返済するためにまた別のところで借金するという途方も無い悪循環に陥ってしまうケース。はたまた昔からあるケースですが、ギャンブルや浪費で多額の債務を抱えてしまうケースなどです。皆さんがもし不幸にもこうしたケースに陥ってしまった場合、どうやってこの債務を整理しますか。勿論計画を立てて地道に返済していくのが一番の方法です。ですがそれにも限度があります。債務があまりに大きいと、毎月の利息を返済していくことに精一杯で、借金の元本が減りません。これではまさに出口の見えない借金地獄です。そうした場合は他の方法を考えるしかありません。ここで考えられるのが債務整理と呼ばれる方法です。返済できない借金を前に悩んでばかりいても仕方がありません。どうしようもない場合には、この債務整理を検討してみることをお勧めします。詳しい内容についてはは専門家に相談してみてください。ここでは債務整理に関して簡単な内容にのみ触れていくことにします。
債務整理には色々な方法があります。よく聞かれるのは自己破産という方法です。これは端的に言えば自己破産を申請することによって借金を帳消しにするということです。この自己破産には以上のようなメリットがありますが、一方で不動産や自動車などの財産も整理されてしまうというデメリットもあります。債務整理には他に民事再生という方法もあります。これも端的に言うと、借金を軽減してもらった上で再生計画案を作成、提出し、債権者の同意を得たうえで、その計画案に沿って借金を返済していくことです。但しこの民事再生を申請するには、毎月の固定した収入があることが条件です。借金の額や収入など、ケースに応じて異なった債務整理の方法を選択することができます。無論そこで発生するメリットやデメリットについて、よく検討しておく必要があります。
債務整理の方法は以上の二つにとどまりません。他にもあります。それが特定調停と呼ばれる方法です。特定調停という言葉に関しては、多くの人が聞いたことがないと感じるでしょう。以下この特定調停について紹介をしていきます。

特定調停は簡単に言えば裁判所に仲裁に入ってもらって借金を減らし、その後無利息で返済する手続きです。特定調停の特徴はその後で紹介する任意整理と同じく、整理したいと思う借金だけを整理できます。例を挙げればクレジットカードと消費者金融から借り入れがあって、そのうち消費者金融の部分だけを選択して、特定調停によって返済するということが可能です。また他の債務整理の方法に比べて裁判所への申し立て費用が安く、債務整理の四つの手続きの中で一番費用がかからない手続きです。こうしてみると比較簡単に思えます。また無利息になるというのも魅力的です。ここではその特定調停による債務整理がどういう手続きを辿るのかをわかりやすく説明していきます。

Valuable information

2015/4/10 更新