借金に関して知っておくべきこと

皆さんは金を借りたことがありますか。恐らく殆どの人が何らかの理由で、異なるところからお金を借りたことがあるでしょう。お金を借りたことがない、という人は殆どいないと思います。個人から借りた場合、ローンで住宅や自動車を買った場合、そして金融機関から借りた場合もあるでしょう。ですが当然ですが借金は気軽にするものではありません。借金は後で自分の首を絞めることになりかねません。と同時に、借金に関していろいろとよく知っておく必要があります。恐ろしいには借金に関してよく知らないまま、むやみにお金を借りてしまうことです。何をするにしてもそうですが、事前によく知っておくことが肝要です。この点、あまりにも軽率に、よく状況を知らないままで気軽にお金を借りる人があまりに多いような気がしてなりません。現在借金の返済に困っている人が少なくないのも、不景気という経済状況の影響があるにせよ、こうした事情と無関係ではないような気がします。ともあれ、借金に関する知識を持っておくことが大切です。

ところでお金の貸し借りに法律があることはご存知でしょうか。これにはいろいろな法律があって、その一つに利息制限法という法律があります。この利息制限法では、お金を貸す場合年間にとってよい利息が15~20パーセントと定められています。もしこれ以上の利息があるならば、それは法的に無効となり、支払う必要のないものだとされています。しかし実際に消費者金融やクレジットなどを利用されている、或いは利用されたことのある方はご存知だと思いますが、そうした金融機関の金利は往々にして25パーセント以上の高金利が設定されていることが殆どです。その場合、そうした金融機関を利用してお金を借りている人は法律上で払う必要のない金利を毎月支払っているということになります。考えればわかることですが、このような高金利で借り入れをすると、毎月の支払日の際には利息しか支払うことが出来す、借金の元本が減らないという事態になってしまいます。これではまさに出口の見えない借金地獄です。
また漫画やドラマなどで多く目にしたことがあるかと思いますが、借金をして返済が滞りがちになってしまう場合、債権者による過酷な取立て行為が往々にしてあります。これは無論関連の法規によって禁止されています。以下「取立て行為の規制」と呼ばれる原則とその条文を挙げておきますので、参考になさるとよろしいかと思います。
第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し又は次の各号に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない。
借金に困ってどうにも返済ができないという場合、債務整理による方法をとることができます。この債務整理が行われると状況によって借金が帳消しになったり、軽減されたりしますが、この債務整理が行われると、上記のような債権者による取立て行為が禁止されます。それも以下の条文で規定されています。 
六 債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。
借金の返済に苦しむ人には、是非この債務整理について考えて欲しいものです。債務整理を裁判所に申し立てから許可を得るまでの過程は決して皆さんが考えるほど困難なものではありません。いずれにせよ債務整理に関して知っていて損はないはずですので、以下の文章をお読みになることをお勧めします。

勿論借金はしないに越したことはありません。借金のあれこれも含めて、皆さんがよく理解を含めてくださることを望んでいます。

check

宝石広場は買取激戦区渋谷で25年の実績!

ティファニー 買取

文京区近辺の中古一戸建てをお考えの方はお任せください

文京区 中古一戸建て

2018/10/26 更新